ジビエ料理

ジビエという狩猟解禁のシーズン中なので、フランスの田舎では、ハンターさんの銃の音がたまに聞こえたりします。

ジビエという野生鳥獣の狩猟ですが、イノシシ、シカ、カモ、ウサギあたりがフランスでよくきかれるもので、この時期にしか味わえないジビエ料理が、そこそこのレストランに行くとメニューに組み込まれています。

ハンターさんの家では、マダムがパテとかを作ったりするようです。

さて、知人経由で、野生イノシシを仕留めたということで、イノシシ肉をいただきました。ちゃんと処理されているもので冷凍状態でしたが、野生イノシシ、初のジビエ料理はワイン煮込み。

ジビエ料理、しかもイノシシということで、臭みも消してくれそうだし、煮込む時間などはかかるけど、手間がそれほどかからない。

ジビエ料理のフランス人のレシピを検索しながら、簡単なものをチョイス。

イノシシ肉を一口大ほどの大きさに切り、塩・コショウ、ブーケガルニとともに、玉ねぎ千切りと人参輪切りを加えて赤ワインに浸すこと1日半ぐらい。

gibier1

イノシシ肉だけを最初に炒めて、中まで火が通ったかなぐらいで、小麦粉をまぶし、イノシシ肉を漬け込んでいたワインを加え(玉ねぎ、人参も)、煮込んでいく。

一時間半ほど煮込む。

一旦、30分ぐらい火を止める。

再度、一時間ほど煮込む。

レシピでは、ここで終わりだったものの、翌日、もう一度、一時間半近く煮込んで、どうにかトロトロのイノシシ肉になってくれました。

gibier2

フランス人にいわせると、煮込み料理には、タリアテル、きしめんみたいな平たいパスタ、なんだそうです。

gibier3

ジビエ料理、初めてにしては、フランス人たちから大好評!

野生のイノシシ肉の質が良かったのか!?

どちらにしても、友達が集まって、おいしい料理にワインにおしゃべりというのが、フランス健康法のような気がします。

SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする