モンドール チーズ

モンドールチーズといえば、冬時期の季節限定チーズ。というのも、モンドールチーズの製造時期は、8月15日から3月15日と決められており、フランスの方では9月10日から5月10日までの販売となります。

montdor1

モンドール、 Mont d’Or は金の山、黄金の山という、ゴージャスな雰囲気を持つ意味。フランスとスイスの国境沿い、ジュラ山脈でのフランスもしくはスイスの伝統的手作りチーズで、中がとてもクリーミーなところが特徴。

日常的な食事では、チーズを食後に食べるのですが、モンドールチーズに限っては、アペリティフでもメインでも、フォンデュみたいにチーズをつけながら、おつまみ感覚で食べられるものです。

montdor2

このとき、食べ方をちょっと失敗してしまい、できれば上部分が蓋になるような感じで切り取れば、食べきれなくても、また上からかぶせて中のクリーミーさが保ちます。この失敗例、真ん中から半分を食べて残してしまうと、クリーミーさが横に流れ落ちてしまい、木蓋があるとはいえども、保存中ちょっと乾燥してしまいます。

montdor3

モンドールチーズの食べ方は、食べる前の一時間ぐらい前に常温に出しておいたり、硬い部分を少し切り取り、白ワインを入れ、温めてフォンデュみたいにして食べることもできます。

季節限定のチーズなので、冬時期はときどき食卓や、友達を呼ぶ週末のホームパーティなどに大活躍。パン、温野菜、ハム・ソーセージと一緒に食べることが多いです。

チーズの種類も豊富なフランスですが、このモンドールチーズは、季節限定ということもあってか、なんとなく貴重なチーズのような気がしてなりません。

日本でも、取り扱いしているところも多いので、モンドールチーズの季節になれば簡単に購入できるこの時代、ありがたいものですね。

SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする