フランスの朝ごはん

フランスの朝ごはんは、プティ・デジュネ petit déjeuner 。

フランスの朝ごはんといえば、クロワッサンにカフェやカフェオレ、ココアなどのホットドリンクのイメージで、シンプルな朝ごはんという感じでしょうか。

ココアとクロワッサンを、フランス人も大好きなテラス席にて朝食。

asagohanfr2

最近では、パン屋さんでも簡単なカフェを兼用しているところであれば、朝ごはんが食べられます。パン屋さんの焼きたてクロワッサンとエスプレッソのカフェは、フランスらしい生活のワンシーンだなと思ってしまいます。

asagohanfr

クロワッサン以外にも、パンオショコラやブリオッシュなど個人の好みですが、ホットドリンクにパン類というのが、基本的なフランス朝ごはん。フランスパンを切って、タルティーヌというバターやジャムをたっぷり塗ったものもあり、甘い系の朝ごはんになります。

asagohanfr1

asagohanfr3

ここにオレンジジュースを付けると、グレードアップした朝ごはんになり、観光客の多い街のカフェではよく見られるようになりました。

さて、フランスの定番朝ごはんといえばそうなんですが、ただ、毎日クロワッサン、しかも焼きたてというのは、一般家庭ではあまりないものです。パンは確かによく食べますが、朝食用のビスケット類などもあるので、それをコーヒーやカフェオレに浸しながら食べたり、ホットドリンクだけですます人。朝からサラダやヨーグルト、果物を取る人は少ないのではないでしょうか。人にもよりますが、朝は時間がないから、簡単にしか朝食をとらない、という人のほうが多い気がします。

ホテルの朝食などにしても、サラダ系をサービスするところは、まだまだ少なく、フランス定番朝ごはん、クロワッサンや数種類のパンに加え、卵類、ハム・ベーコン系、チーズとこってり系に加えてヨーグルトや果物類となります。

朝ごはんを食べるのは大事、とはフランスでもよくいわれており、なかにはバランスのとれた朝食を配達します、という広告を以前見たこともあります。ただ、平日の日々慌ただしさのなかで、ついついシンプルな朝ごはんになってしまいますね。

SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする