フランスの美しい田舎町 ルールマラン

フランスには小さな村がとにかく多い。フランスで最も美しい村々という制度もあるぐらい村アピールもすごいし、そんな美しい田舎町もヴァカンスともなれば、田舎町旅行を楽しんだり、滞在したりと好まれ、シーズン中はフランス人ヨーロッパ人などなど、さまざまな人たちが訪れる人気な場所です。

南フランスの田舎町でも、なんとなく品があるというか可愛いというかまとまった感じで美しいのが、ルールマラン Lourmarin。

Lourmarin

ルールマランは、山の麓にこじんまりと寄り添うような感じで旧市街が残り、そのまわりは、オリーブ畑やブドウ畑などの畑に囲まれるような雰囲気で小高い場所にたたずむ。

昔ながらの旧市街を残す町並みは数多いものの、時代とともに旧市街から広がるように建物が増えていく都市計画が多い中、ルールマランのこの全景は、昔のまま、なんとなく時が止まってしまったような風景。

フランスの美しい田舎町 ルールマランと勝手ながらに思ってしまうのは、ルールマランの街全景だけではない。

a Lourmarin

a Lourmarin 1

街の中にある数が多いとはいえないショップも洗練されたところがあり、石造り旧市街の街並みにしっかりと溶け込んだ美しい田舎町。時代を経てきた石造りの建物と現代のファッション・雑貨たちの新旧コラボは、散策するだけでも楽しめてしまいます。Lourmarin

そして、ルールマランの全景、田舎町の風景は、季節や天候によって見せる表情が変わることも、フランス美しい田舎町の魅力なのかもしれません。

Lourmarin

ルールマランは、エクスアンプロヴァンスから約40Kmで、車だと45分ぐらいで行けます。公共交通機関は、バスがあるようですが、1日に数本。

フランス田舎町を観光するには、運転に自信があればレンタカー、でなければ、タクシー、あと現地ツアーなどを利用する方法もありますね。
゜:*★フランスのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする